看板マートへ
屋内限定

MDF切文字

クラフト調の雰囲気を表現できる切文字です。エントランスや店内でのサインに向いています。

MDF切文字について

MDF切文字とは?

MDF(中密度繊維板)から切り出して製作する文字看板です。
MDFとは木質繊維から作られた成形板のことです。表面はレーザーで焼き、小口にも切り出す際に焼き目が付きますので、加工前の素のMDFからグッとクラフト調の雰囲気を高めます。※屋内使用限定
立体文字看板として目線の高さなどに向いている切文字です。そのため、エントランスや店内サインなど目印になるサインにオススメしております。

※加工時の気温・湿度により、表面・小口の焼け具合は異なりますので、予めご了承下さい。

MDF
MDFの焼き目

MDF切文字のメリット

他の切文字では表現の難しいクラフト調の雰囲気を出せることが最大のメリットとなります。MDF切文字は屋内使用限定となりますので、ナチュラルな雰囲気の雑貨屋さん、美容室、飲食店の店内サインにピッタリです。
実際に木で製作するよりも、安価に作れることもメリットとなります。

MDF

MDF切文字
参考価格

こちらは平付けの価格表です。
浮かせ付けは都度見積もりです。

文字高 厚み4mm 厚み5.5mm
〜40mm ¥400– ¥500–
〜60mm ¥500– ¥600–
〜80mm ¥600– ¥700–
〜100mm ¥800– ¥900–

※高さ100mmまで製作可能です

参考価格の計算方法

切文字計算方法
仕上げ
裏面両面テープ仕込み
※浮かせ付けの場合は含みません
文字高
80mm
厚み
5.5mm
文字数
4文字
本体計算式
¥700×4文字=¥2,800-
製品金額
¥2,800-(税込)

※送料やデザイン費などは含まれておりません

スタッドボルトについて

スタッドボルトは5.5mm厚にのみ取付可能です。1本あたり別途¥200−となります。
但し、パーツの数や形状により必要数は異なります。従いまして、浮かせ付けなどのスタッドボルトが必要な場合は都度見積もりとさせて頂きます。

スタッドボルト
スタッドボルト
+浮かしパイプ
¥200×3箇所=¥600-
切文字本体
¥700-
合計金額
¥1,300-(税込)

参考価格に含まれる内容

  • MDF切文字本体
  • スタッドボルト※浮かせ付けのみ
  • 浮かせパイプ※浮かせ付けのみ
  • 取付原稿※浮かせ付けのみ
参考価格に含まれる内容

文字の高さについて

文字の高さは、長辺が基準となります。
例えば図のように縦の長さが同じ60mmでも、長辺が基準となりますので横のほうが長い場合は横幅を「文字の高さ」として計算致します。

文字の高さについて

まずは無料でお見積り

見積もりフォームの項目に沿ってご記入頂くだけで、簡単に送信することが出来ます

MDF切文字の
取付方法

取り付け方法について

基本的に両面テープとボンドで接着します。5.5mm厚に限りますが、スタッドボルトをつけると浮かせて取り付けることも可能です。
取付原稿もお届け可能ですので(※料金別途)そちらにあわせてMDF切文字を取り付けることで、製作データと同じレイアウトでの設置が可能です。 屋内使用限定の切文字ですので、店内の壁面などの取付に向いています。

設置面について

ベタ付けの場合

MDF切文字の裏は平らになっております。ベタ付けの場合、通常、両面テープとボンド接着で取付を行います。凹凸のある壁面ですと接着面が狭くなり、落下の危険性がございます。
従いまして凹凸の多い場所への取付には向いておりません。

設置面について

浮かせ付けの場合

浮かせ付けの場合はパイプの長さと設置面の凹凸により、設置面と浮かせパイプとの間に隙間が生じる場合がございます。以上から、ステンレスパイプ(浮かせパイプ)を用いた取り付けが困難な場合もございます。
パイプを用いずボルトの差込の深さで浮かせる事も可能です。但し、ボルトが剥き出しの状態になります。

設置面について

MDF切文字注意事項

線幅と高さについて

MDF切文字はMDF(中密度繊維板)から切り出して製作致します。文字の線幅が細過ぎますと、折れてしまう可能性が非常に高くなります。
構造的には5mm程度の線幅があれば製作は可能ですが、太い文字(太い線)の方がより長持ちし、破損や落下の危険性も軽減されます。尚、浮かせて取り付ける場合は6mm以上必要となります。※屋内使用限定
製作可能な文字の高さは100mmまでです。

文字の太さについて

書体形状による製作の可否

MDF切文字はレーザーで抜いて製作致します。図のようにカスレのある書体の場合、製作が困難です。筆書体などのカスレが多い書体はカスレ部分を塗りつぶして頂くか、無くして頂く必要がございます。弊社にて修正が必要な場合、レイアウト費を別途頂くことになりますが、対応可能な場合もございます。

書体形状の注意

まずは無料でお見積り

見積もりフォームの項目に沿ってご記入頂くだけで、簡単に送信することが出来ます